2014年11月24日月曜日

J3

D5の結果がひどすぎたので延長戦ってことで行ってきました。

今回のコース



D5の反省からフロントの油面を上げましたが、それでもまだRが高いままでいつまで経ってもアクセルを開けられません。
後でチームのA級選手と比較したら全ての立ち上がりで離されてました。

応急処置でFの圧をかけてRのプリを抜いて2ヒート目へ。
前後ともサスが動かなくなる方向の変更になってしまいますが、この際仕方ありません。


なんとかクラスタイムを出せましたが、中盤のゲートと3連続回転で詰められただけで、スラローム部分では1ヒート目の方が速い箇所がいくつかありました。
練習しないと安定しませんね。
バイクの性能だけでジムカーナやってます。

大会後の練習走行ではさらにRのプリを抜いてみましたが、Rが動かなくなって余計にFとのバランスが取れなくなってしまいました。
ストロークの美味しいところを使えていない感じ。
もう少しレートが低い予備のノーマルサスに換えてチェックした方が良さそうです。

ノーマルの前後バランスってよくできてるので、リアを最適化しないうちにフロントだけ下げてしまうと最初だけ曲がって後半で曲がらないハンドリングになって、本人は曲がってると思っても総合的にみると実際はさっぱりってことが多いです。
ここ2戦の私が良い例ですね。
来シーズンに向けた課題を明確にできた大会でした。

春までは個人的オフシーズンに突入なのでNCの出番です。
セローも走れるよう整備しませんと。



■MT-07
A級ぶん太さんがセットアップを続けてる07がついに登場でした。
なんか、09の時とは比べ物にならないほど速いんですが…。

FIマップ調整と前後サス変更などの基本セットを前提とするならば、余計な電子制御が無く、軽くて、細くて、妙なフレームになってないという点で09より有利なようです。
あと、弄る事を前提としても車体が格段に安いですね。180タイヤは高くてアレですけど

これから07で走る人が増えるかも?